有頂天家族 (幻冬舎文庫)

価格: (税込)
幻冬舎
ページ:423頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で5986位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
登美彦氏史上、これまでになく毛深く、波乱万丈。(登美彦氏談)

「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。
Amazonレビュー


amazon検索