ノモンハンの夏 (文春文庫)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:471頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で10091位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「絶対悪」が、背広をきてソファに座っている……著者が辻政信に初めて会った感慨である。師団によっては76%という絶望的な損耗率のノモンハン事件を扇動しながら、狂いもせず、戦後は国会議員となった男。この戦いを可能にしてしまったのは、いったい何だったのか?参謀本部作戦課と関東軍作戦課、二つのエリート集団が齟齬をきたし、満蒙国境の悲劇がはじまった。モスクワのスターリン、ベルリンのヒトラーの野望、中国の動静を交えて雄壮に描く、ノモンハン事件の決定版。
Amazonレビュー
amazon検索