パーク・ライフ (文春文庫)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:177頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で47675位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
昼間の公園のベンチにひとりで座っていると、あなたは何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。『東京湾景』の吉田修一が、日比谷公園を舞台に男と女の微妙な距離感を描き、芥川賞を受賞した傑作小説。役者をめざす妻と上京し働き始めた僕が、職場で出会った奇妙な魅力をもつ男を描く「flowers」も収録。
Amazonレビュー
amazon検索