漆(うるし)の実のみのる国上

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:285頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で80656位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
おびただしい借金を重ね、貧窮のどん底にあえぐ米沢藩。一汁一菜をもちい、藩主みずから木綿を着て、藩政たてなおしに智恵をしぼり、心血をそそいだ上杉鷹山と執政たち。しかし容赦なく襲いかかる旱魃(かんばつ)、凶作。貧窮のなかに対立する家中。政治とは、民を富まし、しあわせな日々の暮しをあたえることにほかならない。藤沢さんが読者にのこした遺書とでもいうべきこの長篇小説は、無私に殉じたひとびとの、類いなくうつくしい物語である。
Amazonレビュー
amazon検索