旅行者の朝食 (文春文庫)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:262頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で11298位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
その名を聞いただけでロシア人なら皆いっせいに笑い出す「旅行者の朝食」というヘンテコな缶詰や、数十年前たった一口食べただけなのに今も忘れられない魅惑のトルコ蜜飴の話、はたまたロシアの高級輸出品キャビアはなぜ缶詰でなく瓶詰なのかについての考察や、わが家を建てる参考にとはるばる神戸の異人館を見に行くも、いつのまにか食べ歩きツアーになっていたエピソードなど、ロシア語通訳として有名な著者が身をもって体験した、誰かに話したくなる食べ物話が満載です!
Amazonレビュー


amazon検索