雁の寺(全) (文春文庫)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:334頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で11344位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
頭の鉢が異常に大きく、おでこで奥眼の小坊主・堀之内慈念は寺院の内部になにを見、なにをしたか。京都の古寺、若狭の寒村、そして滋賀の古刹を舞台に、慈念の漂流がつづく。著者の体験にもとづいた怨念と、濃密な私小説的リアリティによって、純文学の域に達したミステリーである。昭和36年上期(第45回)直木賞を受賞した第一部の「雁の寺」につづく「雁の村」「雁の森」「雁の死」の四部作に新たに加筆し一冊に収めた、著者の代表作だ。
Amazonレビュー
amazon検索