翻訳 平井 肇
エディターレビュー
19世紀前半のロシアの作家、ニコライ・ゴーゴリの中編小説。ある日朝食のパンを切ったらそこに埋め込まれていた立派な鼻とその持ち主をめぐる騒動とその顛末がユーモアたっぷりに語られる。
Amazonレビュー
amazon検索