私の個人主義

エディターレビュー
明治期の文学者、夏目漱石の講演筆記。初出は「孤蝶馬場勝弥氏立候補後援現代文集」[実業之世界社、1915(大正4)年]。本文のはじめに「1914(大正3)年11月25日学習院輔仁会にて述」とある。将来権力と金力を手にするはずの学習院の学生を前に、漱石は「自己本位」という立脚地を得た経歴から、「個人主義」について、自己の個性の発展を望むなら他人の個性も尊重し、自己の権力や金力を使うならそれに伴う義務や責任を重んじなければならないと説く。
Amazonレビュー
amazon検索