『春と修羅』

エディターレビュー
大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の詩集。1924(大正13)年、関根書店から刊行。生前刊行された唯一の詩集。口語自由詩。岩手の風景を詩にしたものや、妹トシの臨終「永訣の朝」などを収め、「冬と銀河ステーション」の銀河軽急便が氷をくぐって進んでいくところで終わっている。詩人草野心平に日本詩壇の天才と言わしめた詩集。
Amazonレビュー


amazon検索