ずっとやりたかったことを、やりなさい。

翻訳 菅 靖彦
価格: (税込)
サンマーク出版
ページ:262頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で10961位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
【10年以上売れ続けているロングセラー!】

毎日の繰り返しに、埋もれた自分。
そろそろ起こしてみませんか?

実験と観察からなる単純な科学的アプローチによって、
創造的に生きる方法を明らかにし、
自分のいろいろな側面との出会いを導いていく――。

忘れた夢を取り戻す12週間の旅。

あなたは子どものころ、何になりたかったでしょうか? 
とにかく絵を描くのが好きだった、
こっそり詩を応募したことがある、
ミュージシャンに憧れて仲間とバンドを組んでいた……。
誰にでもひとつやふたつ、そんな思い出があるのではないでしょうか? 

でも、たいていの人は「才能がない」「できっこない」
「夢みたいなこと言ってないで、まともな仕事につきなさい」という
世間や親、そしてほかならぬ自分自身の思い込みで、
創造的でありたいという夢を捨ててしまいます。

本書は、わたしたちの内側に秘められた「創造的な子ども」を見出し、育て、
「ずっとやりたかったこと」をやって創造的に生きるための具体的方法論です。

作家、画家、俳優、『タクシー・ドライバー』の監督
マーティン・スコセッシなども用いている本書のメソッドは、
いわゆる「アーティスト」はもちろん、
毎日をもっと創造的に生きたいすべての人に役立ちます。

<目次より>
●第1週 安心感を取り戻す
●第2週 アイデンティティを取り戻す
●第3週 パワーの感覚を取り戻す
●第4週 本来の自分を取り戻す
●第5週 できるという感覚を取り戻す
●第6週 豊かさの感覚を取り戻す
●第7週 つながりの感覚を取り戻す
●第8週 芯の強さを取り戻す
●第9週 思いやりの心を取り戻す
●第10週 守られているという感覚を取り戻す
●第11週 自立の感覚を取り戻す
●第12週 信じる心を取り戻す
Amazonレビュー
amazon検索