春の戴冠1 (中公文庫)

価格: (税込)
中央公論新社
ページ:492頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で183945位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
メディチ家の恩顧のもと、祭りに賑い、楽しげなはずむような気分に覆われた花の盛りのフィオレンツァ。「私」と幼なじみのサンドロ(のちのボッティチェルリ)は、この日々が過ぎゆく人生の春であることに、まだ気が付いていなかった――壮大にして流麗な歴史絵巻。
Amazonレビュー
amazon検索