三千枚の金貨(上) (光文社文庫)

価格: (税込)
光文社
ページ:183頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で66280位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
新進文具メーカー役員の斉木光生(さいきみつお)は、五年前に入院したとき、末期ガンの患者から不思議な話を聞かされた。和歌山県の山にある桜の巨樹。その根元に三千枚の金貨を埋めたという。「みつけたら、あんたにあげるよ」と言われた記憶が蘇り、会社の仲間の宇都木(うつき)、川岸(かわぎし)の二人に話をするが、別の怪しい男たちも金貨を探していることに気づく。金貨は本当に存在するのか!?
Amazonレビュー
amazon検索