春の戴冠4 (中公文庫)

価格: (税込)
中央公論新社
ページ:264頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で200244位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
〈虚飾を焼け、虚栄を打て〉メディチ家を糾弾する修道士サヴォナローラの舌鋒にフィオレンツァ市民は次第に酔いしれ、熱狂していくのだった。盛りを過ぎた大輪の花が散り急ぐかのように花の都の春が終わりを迎えるのをひしひしと感じる「私」だが――ボッティチェルリの生涯とルネサンスの春を描いた長篇歴史ロマン堂々完結。
Amazonレビュー
amazon検索