柔道五輪金メダリスト猪熊功はなぜ自刃したのか

価格: (税込)
アドレナライズ
ページ:118頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で74954位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー

国民的ヒーローとなった男の凄絶な死

 私を見て少し微笑んだように見えた次の瞬間、猪熊は「今ならできる!」という低い叫び声とともに机上の脇差を取り上げ一気に首に突き込んだ。(本文より)

 2001年9月28日、東京オリンピック柔道重量級金メダリスト、猪熊功死す。自ら頸動脈をついて自害した壮絶な死の理由とは? その直前二週間、心身ともに最高の状態で死にたいという理由で行われた、美しき死のための合宿の詳細。「まだまだっ、切れてない」最後の瞬間を看取った合気道家、井上斌の証言で綴られる衝撃の真相。

プロローグ 夢

第一章 終わりへの始まり
 1 始まり
 2 自殺合宿

第二章 猪熊功という男の逆転人生
 1 宿命を背負ったデビュー
 2 対巨人との戦い
 3 若者の考えを変える男
 4 柔道新時代の茨の道を告げる大会

第三章 再起不能の病からの帰還
 1 フィアンセヘの手紙
 2 ヘーシンクという名の巨大黒船襲来
 3 ウエイト・トレーニングでの復帰

第四章 美しき死への合宿
 1 給料日
 2 猪熊の食事
 3 合宿二週目
 4 傘
 5 息子たちと
 6 整理

第五章 人生の転換期、柔道から実業へ
 1 生い立ち
 2 大逆転の夢ならず
 3 私(井上斌)と猪熊との出会い

第六章 再々度の延期
 1 死に場所
 2 時間が止まる
 3 遺書のコピー
 4 知人たちへの電話
 5 時間つぶし
 6 周到なドライブ
 7 最後の役員会、最後のビール

第七章 哀しき経営者・猪熊功
 1 孤独
 2 東海建設と東海大学
 3 事業拡大路線
 4 大学との軋轢
 5 中小の建設会社と銀行
 6 経営破綻の償い

第八章 最期
 1 決行のとき
 2 まだまだっ

エピローグ 光と陰

●井上斌(いのうえ・たけし)
1946年中華民国北京市生まれ。1968年慶応大学法学部政治学科卒業。英国合気道協会主席師範を経て、1972年住友不動産入社。ハワイカントリークラブ、泉カントリー倶楽部、新宿住友ビル管理を経て、1987年退社。その後、1989年東海建設入社、社長室長、東海不動産管理常務取締役を経て、2001年東海建設破産により退職。現在株式会社エス・ユウ代表取締役。毎年1回、英国において合気道講習会を開催。師範を務める。

●神山典士(こうやま・のりお)
1960年埼玉県生まれ。信州大学人文学部卒業。ノンフィクション作家。主な著書に、第3回小学館ノンフィクション賞優秀賞受賞作『ライオンの夢 コンデ・コマ=前田光世伝』(小学館)、『ひとりだちへの旅』(筑摩書房)、『「日本人」はどこにいる~異文化に生きる武士道のこころ』(メディア・ファクトリー)、『アウトロー』(情報センター出版局)など。

Amazonレビュー


amazon検索