NHK「100分de名著」ブックス パスカル パンセ

価格: (税込)
NHK出版
ページ:56頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で13382位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「考える」ことが、すべてだ!

科学が進歩し、キリスト教的世界観が崩れ始めた17世紀、「理性賛美」の風潮が高まった。そこに懐疑の念を抱いたのがフランスの哲学者で数学者のパスカル。「人間は一本の葦にすぎない。だが、それは考える葦である」。現代文明の脆さが露わになったいま、人間の理性の限界と可能性について考える。NHKテレビ講座「100分de名著」の単行本化。
Amazonレビュー
amazon検索