アベノミクスで生き残るサラリーマンの条件

価格: (税込)
オープンアップス
ページ:119頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で151163位

[ Amazonの詳細ページへ ]
このを買った人はこんなも買っています
エディターレビュー
★アベノミクスで生き残る「インディペンデント・サラリーマン」とは!?★

サラリーマンの給料は上がる見込みのないなか、
「消費税の増税」「円安によるエネルギーコストの高騰による物価高」が不安視されている現在。

本書を手にとったあなたは、
将来の不安、仕事の不安、お金の不安、老後の不安、教育の不安、人間関係の不安…
など、すでに多くの不安を抱えているのではないでしょうか??

しかし、これらの「不安」の中で1つでも気になるものがあれば、
本書を手にとったあなたの行動は正解!!

本書に書いてあることを実践すれば、間違いなく、
経済的自、時間的自由、精神的自由を手に入れることができます!!


★「アベノミクス」で生き残るためのこんなテクニックを紹介!★

●サラリーマンでも税金や社会保険を払わなくてもいい!?
年収を増やしながら、賢く「節税」する方法。

●今はじめたいのは、副業ではなく「複業」!!
自分がいなくても回せる業種とは!?

●安定、節税、保険など……
「不動産経営」で得られる9つの切り札とは。

●○○を重視すれば、失敗しない!!
景気や不動産価格が暴落しても、家賃が安くならない理由。

など……。
本書では、アベノミクス効果で変化する
経済のこれからとあなたの不安を消す技術を紹介します!


【 目 次 】

◆まえがき あなたの不安を消す技術を紹介します!

・サラリーマンは「アベノミクス」に殺される!
・サラリーマンの強みを活かして「3つの自由」を手に入れる具体的な方法
・サラリーマンでも「節税」ができる!
・年収300万円から年収3000万円になった人もいる

◆第1章 会社の奴隷になってはいけない!
・「会社の価値観」が「自分の価値観」にならなかった!
・土日も会社が支配する!
・サラリーマンは動物園の動物
・サラリーマンのメリット
・会社は辞めないでも自由は手に入る!
・給料だけではヤバすぎる!
・与えられた仕事を自分がやりたい方向へ誘導する
・仕事は断るのではなく、頼まれないようにする
・勉強は最低限で十分
・時間の切り分け方を覚える
・アウトソーシング思考
・完全主義者は奴隷になる!
・社内競争には加わらない
・最悪なのは、「努力して成功しない人」
・仕事の成果は80点でいい!
・「自分は見られている」という自意識過剰を捨てる

◆第2章 「副業」ではなく「複業」! もうひとつの生き方を手に入れる7つのキーワード
・「辞めたい」という気持ちから踏みとどまるためには
・複業への道① いきなりスイッチを切り換えない
・複業への道② 下準備として、入念な分析を行う
・複業への道③ 種銭をつくる
・複業への道④ 資格マニアに陥らない
・複業への道⑤ 「自分がいなくても回せる」業種を選ぶ
・複業への道⑥ 起業は立ち上げとシステムづくりが重要
・複業への道⑦ 自分にしかできない仕事を複数個持っておく
・複業するために、肩書きは必要ない
・名刺がなくても複業は成立する
・会社の人脈もフル活用する
・人脈はフラットなほうがいい
・会社のグレーゾーンには巻き込まれない
・オーナー社長であっても、意見は言える
・気持ちに余裕があれば正論も言える
・「金持ちケンカせず」と思えば、怒ることもない
・将来が見通せなくても、少しずつ変えていけばいい
・失敗は取り返しがつくように

◆第3章 会社を辞めずに「経済的自由」を手に入れる!
・「お金=悪」という先入観を捨てる
・「稼ぎ方」と「使い方」を明確にする
・売り込みには注意しろ
・情報選択のポイントは「感情論か否か」
・ネットの「相対評価」に惑わされない
・「井の中の蛙」にならない
・ギャンブルの行き着く先は破滅である
・不動産は、ギャンブル的要素が少ない
・「立地重視」が、暴走に歯止めをかける
・不動産価格と家賃はリンクしない
・自分の住む場所は借りて、買った場所は貸す
・銀行は預金するところではなく、借りるところである
・現金は極力持たない
・不動産や貴金属は最後の保証になる
・日本を出るという選択肢
・「あてにしない」ことも重要
・ライフプラン全体での節約を考える
・人生の節約その① 住宅資金
・人生の節約その② 教育費
・人生の節約その③ 老後資金
・人生の節約その④ 車
・人生の節約その⑤ 保険
・見栄のためにお金を使うのは愚の骨頂

◆第4章 忙しくてほとんどとれない時間を10倍有効活用できる「時間的自由」の方法
・時間感覚がない上司との溝
・残業にもいろいろ種類がある
・見かけ上の労働時間を増やす方法
・目的がはっきりしていれば、労働時間は減らせる
・飲み会は別れ際が大切
・不利になるとわかっても、私がゴルフをやらない理由
・通勤時間も無駄にしない
・ネットは1日10分でも大丈夫
・日常生活もマルチタスクで
・電話をすれば、人は意外と会ってくれるもの
・「会いたい」と思う人は、会ってくれる

◆第5章 会社に束縛されない「精神的自由」を獲得するための鉄板法則
・精神的自由を果たす上でやってはいけない2つのこと
・副業を認める企業が増えている
・勤務時間中はSNSにアクセスしない
・四六時中相場をチェックする複業には手を出さない
・ネットの奴隷にならない
・不動産にもITの波が来る
・最悪のケースから人生をシミュレーションする
・自分の個性を出し過ぎない
・失敗しても、人生を放棄してはいけない
・トラブルには即座に判断する
・時間的、精神的に複業へのめり込まない

◆第6章 インディペンデント・サラリーマンになるための最適な方法と、覚えておきたい9つのルール
・先人に学ぶことが一番の近道
・本は最後まで読む
・セミナーは、実践しないと意味がない
・懇親会の上手な活用法
・不動産経営のメリットを語る9つのキーワード
・家族に理解してもらうためには
・どんなトラブルに見舞われても、決してあきらめない
・私がインディペンデント・サラリーマンをすすめる理由
・あきらめずに、居直るくらいの気持ちで
・継続と、見切りのタイミングを見逃さない
・私が学んだ人生の経験則


【著者紹介】

加藤 隆(かとう たかし)
バブル崩壊を生き抜いた現役最古参のサラリーマン大家さん。所有物件50戸を誇る、実践的・総合コンサルティング系マルチタイプ投資家。
不動産経営を通じ、サラリーマンの経済的・時間的・精神的自由という、「3つの自由」を提唱する。
行政書士、宅地建物取引主任者、甲種防火管理者、管理業務主任者、マンション管理士、AFP(Affiliated Financial Planner)、2級FP技能士、システム監査技術者などの資格を持つ。
主な著書に、『サラリーマンだからこそ「節税大家さん」で儲けなさい!』『サラリーマン大家さん お金の借り方テクニック』(以上、東洋経済新報社)、『不動産投資で地獄を見た人の怖い話[リスク回避と収益アップ策]~大家歴25年、数々の修羅場を乗り切った現役サラリーマン投資家が教える』(ぱる出版)、『サラリーマンショック知らずの賢い資産の築き方』、『実例から学ぶ 不動産投資でお金を残す123のコツ -修羅場を切り抜けた大家歴26年の体験より-』(以上、ごま書房新社)など。
Amazonレビュー


amazon検索