善の研究 西田幾多郎著作集

価格: (税込)
古典教養文庫
ページ:227頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で23359位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
(第2版について)

 随筆「読書」を追加しました。


(西田幾多郎について)

 西田幾多郎(一八七〇〜一九四五)は、「善の研究」で世界的にも知られる日本の哲学者です。
 さまざまな人生の苦難にもめげず、逆にそこからを強い意志と勤勉さで思索に励み、代表作「善の研究」を生み出しました。
 「善の研究」は当初「純粋経験と実在」という題名の元に構想されていたように、哲学上の根本的な問題の解決を純粋経験に求めたものです。日本初の独創的な哲学体系として高く評価されています。
 また京都帝国大学教授時代には、三木清などの多くの優れた哲学者を育て上げました。また「近代日本最大の仏教者」とも言われる鈴木大拙とは、石川県立専門学校以来の友人です。


(この本について)
この著作集には以下の著作を収録しました。

善の研究 1911
愚禿親鸞 1911
或教授の退職の辞 1929
国語の自在性 1936
フランス哲学についての感想 1936
アブセンス・オブ・マインド 1939
絶対矛盾的自己同一 1939
世界新秩序の原理 1943
デカルト哲学について 1944
明治二十四、五年頃の東京文科大学選科
我が子の死
読書

(古典教養文庫について)

 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。

2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、Kindleはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。また、詩の一編一編など、小見出しにも索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
 青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。

3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。

4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

5、手に入れやすい価格
 「価値ある古典こそ低価格で」のモットーから、古典教養文庫は、一番高い物で300円で、そのほとんどが100円となっています。
Amazonレビュー
amazon検索