Yコンビネーター

翻訳 滑川海彦 , 翻訳 高橋信夫:TechCrunch Japan翻訳チーム
価格: (税込)
日経BP
ページ:185頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で30334位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
■伝説のハッカー、ポール・グレアム率いる起業家養成スクール「Yコンビネーター」の3カ月に密着したノンフィクション。若き起業家との熱い交流を描く!



合格率3%の難関を突破して集まった、64チーム、160人に若き起業家の卵。

スタンフォード、MIT、UCバークレーといった世界トップ大学の俊英ばかりだ。

超一級の頭脳と優れたアイデアがあっても、それだけでは起業は成功しない。

数百人の投資家を前にプレゼンし、投資されるかどうかが決まる運命の日「デモ・デー」に向けて、ポール・グレアムの特訓が始まった。



「急いでローンチしろ」「市場が君たちをクビにする」「セールスアニマルになれ」「常に成長率に目を光らせろ」「他の連中より真剣に考え抜いた点だけが優位性になる」――厳しい言葉をあびせながらも、アイデアがビジネスになるまで徹底的に一緒に考え抜くのが、ポール・グレアムだ。彼らを追い込み、本物に育つビジネスを手にさせるために、決して手を抜かない。リスクは自分でとるものだからだ。



市場が見えずに苦しみ、アイデアのピボット(方向転換)を余儀なくされ、意欲あるメンバーの確保に悩み、時間のなさに焦り、同期生の進捗に気になりながらも、進むしかない起業家たち。

デモ・デーでプレゼンを成功させることがはたしてできるのか。不安を抱えつつも、グレアムをはじめYCパートナー(共同運営者)たちと議論を繰り返すなかで、たくましく成長していく。



学期の半数のスタートアップが失敗すると言われる現実にあっても、グレアムは決して見放さない。

「何かまずいことがあったらすぐわれわれに言うんだ。われわれはスタートアップを襲うさまざまな災厄を数多く見てきた」

自分自身も29歳で起業し、一度は完全に失敗し、それでも再び同じ仲間と起業し成功を手にし、自分たちと同じ轍を踏まない道はないかと、Yコンビネーターを立ち上げた。"実験"であると同時に、ソフトウェアが世界にイノベーションを起こすことを信じる彼らの強い信念がそこにはある。



<推薦の言葉>

シリコンバレーで数多くのスタートアップにシード資金を提供しイノベーションの量産に成功しているYコンビネーターはアメリカの至宝だ。

――エリック・リース『リーン・スタートアップ 』著者



本書はシリコンバレーのスタートアップ・エコシステムの核心を内側から見た貴重な記録だ。

――マーク・アンドリーセン、アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者、ネットスケープ共同創業者



Yコンビネーター:2005年設立のベンチャーファンド。卒業生に、ドロップボックス(2007、ファイル共有)、エア・ビー・アンド・ビー(2009、ルーム貸し)、ヘロク(2008、クラウドプラットフォーム)などがいる。

本書の舞台となった2011年夏学期には、ウェブ上でプログラミングが学べるコード・アカデミーが参加した。
Amazonレビュー
amazon検索