アイデアのちから

翻訳 飯岡 美紀
価格: (税込)
日経BP
ページ:374頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で45232位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
『この本は、私が2007年に読んだ原書の中で、最もお気に入りの一冊であった「Made to Stick」の邦訳版である。

私はこの本が大好きであり、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思っているので、そのため、頼まれてもいないのに、日経BP社が版権を取ったと人づてに聞いて、押し掛けて解説を書かせていただくことにした。』(勝間和代さんの本書解説より)



全米でも150万部を超える「支持」を得た本書は、実はこれも全米ベストセラーのマルコム・グラッドウェル著『ティッピング・ポイント』(邦訳は『急に売れ始めるにはワケがある』ソフトバンク文庫)に触発されて書かれた。

『ティッピング・ポイント』では、流行や社会現象を起こすものには、(1)少数の目利きに浸透する、(2)記憶に粘る、(3)背景が味方する、の3つの法則があることを明らかにした。

本書は(2)の「記憶に粘る」という点をより深く、より多角的に取り上げ、一度聞いたら決して忘れないメッセージ、人を行動に駆り立てるような言葉について、以下の6つの法則を明らかにした。



(1)単純明快である(Simple)

(2)意外性がある(Unexpected)

(3)具体的である(Concrete)

(4)信頼性がある(Credible)

(5)感情に訴える(Emotional)

(6)物語性(Story)

頭文字をつなげてSUCCESs(サクセス)の法則と著者たちは呼ぶ。



ジョン・F・ケネディ米大統領の「人類を月へ」という演説はアメリカ国民を熱狂させ、ソニー創業者の井深大の「ポケットに入るラジオ」というコンセプトは、ソニーを世界企業に飛躍させた。すごいアイデアは人を動かし、歴史を動かす。そうした具体例が豊富に盛り込まれたアイデア創造のヒントになる内容となっている。
Amazonレビュー
amazon検索