〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと

エディターレビュー
「投資信託を始めたいけれど、どれを選べばいいのかわからない」――

世界No.1投信評価機関のトップがそんな悩みを一気に解決!
自分に適したポートフォリオの組み方からファンド選びまで、
この1冊で知りたいことが全部わかる!

投資信託は、少額からでも始められ、プロのファンドマネジャーが預かったお金を運用してくれる点が魅力の金融商品。だが、個人投資家にとっては頭の痛い問題もある。最大の難点はその「わかりにくさ」だ。

投資信託の数は、日本国内だけで約4000本。気が遠くなるような数の商品があるうえに、目論見書や運用報告書に目を通しても小難しい用語が並ぶばかりで、何がポイントなのかさっぱりわからない。
そのため、「むずかしそう」「面倒くさそう」という思いを抱えたまま、けっきょくは営業マンのセールストークやメディアの宣伝文句を鵜呑みにしてしまう……。

このように、わずかな知識と情報だけを頼りに投資信託を選ぶしかないのは、とてももったいないことだ。なぜなら、本当は低コストで個人投資家に適しているのに、金融機関の販売窓口ではあまり積極的に売られていない投資信託があるからだ。

本書は、世界No.1投資信託評価機関モーニングスターのトップが、投資信託選びのポイントをまとめた『投資信託選びでいちばん知りたいこと』の新版。事例を刷新し、最新のマーケット環境にあわせて内容も大幅リニューアルした。わかりやすい解説と豊富な図解で、初心者でも途中でつまずく心配はない。

本書を読むと――
・自分が何パーセントの運用利回りを目標にすればよいのかがわかる。
・自分に適した資産配分がわかる。
・4000本もの投資信託の中から自分に適した商品を絞り込むことができる。
・「人気だが手を出すべきでない商品」「地味だけれどおすすめの商品」が見分けられる。
・運用報告書でチェックすべきポイントがわかる。
・購入後のポートフォリオの管理方法がわかる。

これから資産作りを始めたい現役世代も、すでにある資産を運用しながらセカンドライフを謳歌したいシニア世代も、この1冊があればもう迷うことはない。
2014年1月から始まるNISA(少額投資非課税制度)を機に投資信託を始めようと思っている方にとっても、役立つ知識が満載だ。
Amazonレビュー
amazon検索