音楽と建築、そのデザイン

価格: (税込)
office kthyk
ページ:201頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で143477位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
古代ギリシャからバロックまで、西ヨーロッパの「都市」を支えてきた「音楽と建築」についての解説です。Part1~Part3は神話、風景としての「音楽と建築」、Part4~Part5はオペラを生み出すイタリア諸都市の「音楽と建築」について。国立音楽大学での「講義ノート」から書き下ろしたアンソロジーです。イタリアの旅行案内書としてお読み下さい。アテネ、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ウルビーノ、ピエンツァ、ヴィチェンツァ、マントヴァ、フェラーラ、プロヴァンス、パリなど、図版も可能な限り添付しました。
Amazonレビュー


amazon検索