大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)

翻訳 神吉敬三
価格: (税込)
筑摩書房
ページ:302頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で15183位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
一九三十年刊行の大衆社会論の嚆矢。二十世紀は「何世紀にもわたる不断の発展の末に現れたものでありながら、一つの出発点、一つの夜明け、一つの発端、一つの揺籃期であるように見える時代」、過去の模範や規範から断絶した時代。こうして、「性の増大」と「時代の高さ」の中から《大衆》が誕生する。諸権利を主張するばかりで、自らにたのむところ少なく、しかも凡庸たることの権利までも要求する大衆。オルテガはこの《大衆》に《真の貴族》を対置する。〈生・理性〉の哲学によって導かれた予言と警世の書。
Amazonレビュー
amazon検索