木曜日だった男 一つの悪夢 (光文社古典新訳文庫)

翻訳 南條 竹則
価格: (税込)
光文社
ページ:247頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で25462位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
この世の終わりが来たようなある奇妙な夕焼けの晩、十九世紀ロンドンの一画サフラン・パークに、一人の詩人が姿をあらわした。それは、幾重にも張りめぐらされた陰謀、壮大な冒険活劇の始まりだった。日曜日から土曜日まで、七曜を名乗る男たちが巣くう秘密結社とは何なのか? そしてミスター木曜日とは誰なのか? 探偵小説にして黙示録でもある、幻想ピクニック譚、胸躍る新訳でついに登場!
Amazonレビュー
amazon検索