罪と罰 1 (光文社古典新訳文庫)

翻訳 亀山 郁夫
価格: (税込)
光文社
ページ:238頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で3764位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
貧困・孤独・狂気の渦巻く大都会のかたすみに、「理想的な」殺人をたくらむ青年が住んでいた。酔いどれ役人との出会い、母からの重い手紙、馬が殺される悪夢。ディテールが、運命となって彼に押し寄せる!歩いて七百三十歩のアパートに住む金貸しの老女を、主人公ラスコーリニコフはなぜ殺さねばならないのか。日本をはじめ世界の文学に決定的な影響を与えたドストエフスキーの代表作のひとつ、ついに新訳刊行。
Amazonレビュー
amazon検索