地下室の手記 (光文社古典新訳文庫)

翻訳 安岡 治子
価格: (税込)
光文社
ページ:141頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で1156位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
世間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため、自意識という「地下室」に潜る。世の中を怒り、憎み、攻撃し、そして後悔の念からもがき苦しむ、中年の元小官吏のモノローグ。終わりのない絶望と戦う人間の姿が、ここにある。後の5大長編へとつながる重要作品であり、著者の思想が反映された主人公の苦悩をリアルに描いた決定訳!
Amazonレビュー
amazon検索