アンナ・カレーニナ 3 (光文社古典新訳文庫)

翻訳 望月 哲男
価格: (税込)
光文社
ページ:416頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で42321位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
イタリアから帰国し息子セリョージャとの再会を果たしたアンナだが、心の平穏は訪れない。自由を求めるヴロンスキーの愛情が冷めていくことへの不安と焦燥に苛まれながら、彼とともにモスクワへと旅立つ。一方、新婚のリョーヴィンは妻キティとともに兄ニコライの死に直面するのだった。芽生えた不信と不満。幸福の絶頂のあとに訪れた、行き違う二人の微妙な心情を、緊張感あふれる訳文で鮮やかに描きだす。
Amazonレビュー
amazon検索