むかし・あけぼの 下 小説枕草子 むかし・あけぼのシリーズ (角川文庫)

価格: (税込)
KADOKAWA
ページ:329頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で100201位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「心ときめきするもの」など、小さな身のまわりの品、事象を捉えて書きつけた『枕草子』。そこには、共に過ごし、話に興じ、細やかな情趣を解してくれた中宮への憧憬と敬慕がある。中宮をとりまくはなやかな後宮の色と匂いと笑い声を、千年ののちまで伝えたいと願う、清少納言の夢が息づいている――。平安の才女・清少納言の綴った随想を、千年の時を経て、今清少納言・田辺聖子が物語る、愛の大長編小説。
Amazonレビュー
amazon検索