海と川の恋文 (角川文庫)

価格: (税込)
KADOKAWA
ページ:243頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で359048位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
18歳の遥香は、二人の上級生に出会う。自主映画を撮る徳明、演劇部を主宰する修平。二人の間でゆれながら、初恋に別れをつげて、女優へ。忘れられない思いを胸に、月日は流れた。そして再会、「ずっと好きだった」。だが若い日という川は海へ出てもう、もどれない。人生の光と影を知り、大人になった三人。全編に流れる、甘く苦い青春の郷愁、大人になっても消えない恋のときめき。懐かしくてドラマチック、心にしみる恋愛小説。
Amazonレビュー
amazon検索