2014年! 中国と韓国、北朝鮮の動きが15分でわかる本

価格: (税込)
ゴマブックス株式会社
ページ:48頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で61251位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
日本を取り巻く周辺国の動きはかまびすしく、あわただしく、そして激しい。

中国になびいて後悔する韓国…
中国から離れて日本になびきたい北朝鮮!

北朝鮮ナンバー2の張成沢はなぜ処刑されたのか!?

数々のビジネス書の執筆を手掛け、また経済評論家としても活躍する著者が
舌鋒鋭くかつ丁寧に語る、いま東アジアに起こりつつある大変化の真実。

【目次】
はじめに

□東アジア情勢を読める人、読めない人
□北朝鮮は日本とアメリカに近づきたい!?
□習近平が最初に訪れたところ
□「眠れる獅子日本」の虎の尾を踏んでしまった!
□日中関係はますます緊迫している
□日米のシナリオにはまった中国
□北京政府は軍部をコントロールできていない!
□国際法上、領海侵犯とはレベルが違う領空侵犯!
□二人の元首相を中国に派遣した意味
□尖閣諸島にはまともな資源はない!?
□「仲間づくり」を積極的に展開する安倍外交は正解!
□「尖閣諸島は日米安保条約の対象」と言わざるをえなかった!
□米国債と核兵器を引き替えにする?
□防空識別圏でも失敗した中国軍
□日本抜きには成立しない中国経済
□排他的経済水域の生命線、南鳥島は中国海軍に破砕される?!
□中国は沖縄を日本から独立させたい!
□「背に腹は代えられない!」と焦る中国
□国民が政府を支えてやれ!
□中国は人民解放軍に滅ぼされる!
□北朝鮮ナンバー2、張成沢処刑の理由
□張成沢は中国のスパイだったのか?
□北朝鮮にまちがったメッセージばかり送り続けたオバマ政権!
□日本攻撃に核ミサイルはいらない!
□瀋陽軍区は習近平の命令など聞かない
□中国経済終わりの始まり
□経営者はいますぐ中国から脱出すべし
□世界は脱中国で動いている!
□国富ファンドの投資は八割が焦げついている!?
□海外の永住権に目の色を変える中国の富裕層
□アメリカの戦略は人民解放軍と自衛隊との戦争か?
□「日本を取り戻す」か? それとも「日本を亡ぼす」か?
□山紫水明の日本で水不足が起こる!
□日本の水源を買収し始めている中国
□オバマは中国の土地買収を無効にした!

おわりに
Amazonレビュー


amazon検索