憂鬱な朝(2) (Charaコミックス)

エディターレビュー
「生涯仕えると誓う代わりに、伯爵以上の陞爵(しょうしゃく)を」――桂木(かつらぎ)からの条件に同意し、強引に抱いてしまった暁人(あきひと)。けれど、どんなに情事に溺れても、桂木の態度は冷たいまま。怜悧な美貌を崩さない家令に、若き子爵は激情と苛立ちを募らせる。そんな緊張を孕(はら)む主従は、ある晩、森山侯爵家の夜会に招待されて…!?
Amazonレビュー
amazon検索