ジェイン・オースティン (中公新書)

価格: (税込)
中央公論新社
ページ:289頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で157353位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
世の多くの人達は日常を退屈と見なし、さまざまな形でロマンティックな世界に憧憬を抱く。ところがここにロマン主義の弱点を見抜き、持前の機智とユーモアと皮肉と諷刺で平凡な日常を非凡な喜劇的世界に転じた作家がいる。漱石が「平凡の大功徳」を心得た写実の大家と絶讃し、山本健吉が「世界で一番平凡な大作家の一人」と評した、英国の天才女流ユーモリスト、ジェイン・オースティンである。その生涯と作品の全貌を描く。
Amazonレビュー
amazon検索