1985年のクラッシュ・ギャルズ

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:263頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で100108位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
1985年8月28日、大阪城ホール。全日本女子プロレス興行。会場は10代の少女で埋め尽くされた。彼女たちの祈るような瞳がリングに注がれる。クラッシュ・ギャルズは私たちの苦しみを背負って闘っている、クラッシュ・ギャルズのようにもっと強く、もっと自由になりたい――。長与千種とライオネス飛鳥、そして二人に熱狂した少女たちの「あのとき」と「あれから」。25年間の真実の物語を描きます。『1976年のアントニオ猪木』に続き、プロレスをテーマに選んだ著者入魂の一作。
Amazonレビュー
amazon検索