犯罪心理捜査官セバスチャン 上 (創元推理文庫)

翻訳 ヘレンハルメ 美穂
価格: (税込)
東京創元社
ページ:233頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で118001位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「息子が帰ってこないんです」ヴェステロース警察にかかってきた一本の電話、それがすべての始まりだった。少年は心臓をえぐり取られた死体で発見された。センセーショナルな事件に、国家刑事警察の殺人捜査特別班に救援要請が出された。メンバーはリーダーのトルケル以下四人の腕利き刑事。そこにひとりの男が加わった。男の名はセバスチャン・ベリマン、心理学者で殺人捜査特別班の元トップのプロファイラー。だがこの男、自信過剰で協調性ゼロ、アドレナリンとセックス中毒、捜査中でも関係者を口説いて寝てしまう、はた迷惑な奴だったのだ。スウェーデンを代表する脚本家がタッグを組んだ、注目の北欧ミステリ。
Amazonレビュー
amazon検索