『エリザベート ―愛と死の輪舞―』 [DVD]

定価:¥ 8,640
マーケットプレイス価格:¥ 10,482 (税込)

販売元:宝塚クリエイティブアーツ
カテゴリ:DVD
JAN:4939804124444
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで6034位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
上演回数799回、観客動員数192万3千人――今や、宝塚歌劇を代表する人気ミュージカルとなった 『エリザベート』を、宝塚歌劇100周年を記念し上演。 一人の少女がオーストリア皇后になったことから辿る数奇な運命に黄泉の帝王という抽象的な役を配した 独創的なストーリーと、美しい旋律で彩られたミュージカル・ナンバーは、多くの人々を魅了してきました。 今回で8度目の上演となる本作は、花組新トップスター明日海りおの大劇場お披露目公演です。 【Story】 19世紀末。ヨーロッパ随一の美貌を謳われた、オーストリー=ハンガリー帝国皇妃エリザベートが、イタリア人 アナーキスト、ルイジ・ルキーニに殺害された。ルキーニは独房内で自殺を図る。 煉獄の裁判所では、犯罪行為から百年も経ったにもかかわらず、ルキーニを未だ尋問している。ルキーニは、 エリザベートは死と恋仲だった、エリザベート自身が死を望んでいたと主張する。そして、それを証明するため、 エリザベートと同時代を生きた人々を霊廟から呼び起こす。最後にトート(死)が現われ、エリザベートを愛して いたと告白する。 時代は1853年に遡る。少女のエリザベートは、ある日、綱渡りに挑戦しようとしてロープか ら落ち、意識不明の重体に陥る。冥界に迷い込んだエリザベートにトートは一目で惹きつけられる。 トートはエリザベートに生命を返してやる。そしてその愛を得ようと、彼女を追い続ける決意をする。 こうして、愛と死の輪舞(ロンド)が始まった。
Amazonレビュー


カテゴリ
amazon検索