薄桜鬼 随想録 面影げ花 限定版特典(ドラマCD)付 - PS Vita

定価:¥ 8,424
マーケットプレイス価格:¥ 7,980 (税込)

販売元:アイディアファクトリー
プラットフォーム: PlayStation Vita
カテゴリ:Video Game
JAN:4995857093731
Amazon.co.jp 売上ランキング:ゲームで15532位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
≪物語≫ 【あの動乱の時代へ、再び】 文久三年 十二月― 父を捜しに京を訪れた雪村千鶴は、このとき彼らと出会った。 人々が恐れる人斬り集団《新選組》。 彼らの秘密に触れてしまったことで、千鶴の運命は変わる。 新選組の屯所に軟禁され、殺伐とした環境の中で父の安否を心配するばかりの日々。 今のところ、すぐに殺されることはなさそうだが、千鶴を監視する彼らの目は、決して優しくはなかった。 彼らは悪い人間ではない。 気さくに話かけてくれることもあれば、笑ってもくれる。 …だが、彼らにとって千鶴は仲間ではない。 もし千鶴に存在価値がなくなれば、すぐに斬られるだろう。 一寸前に向けてくれた笑顔など、何の保証にもならない―。 そんな思いを抱きながらの日々は、千鶴にとってはひどく辛いものであった。 そんな日々が三ヵ月ほど続いた、元治元年三月のある日。 千鶴と隊士たちの間に、ごくささやかな転機が訪れる。 ―それが彼女の随想の始まり。 ≪登場人物≫ 土方歳三  CV:三木眞一郎 沖田総司  CV:森久保祥太郎 斉藤一   CV:鳥海浩輔 藤堂平助  CV:吉野裕行 原田佐之助 CV:遊佐浩二 風間千景  CV:津田健次郎
Amazonレビュー


amazon検索