街道をゆく 22 南蛮のみちI

価格: (税込)
朝日新聞出版
ページ:258頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で67273位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
バスクは浮世の国ではない。常世の、本質的な国であるような感じがする──日本史のなかでもっとも印象的だった「南蛮人」の代表、宣教師フランシスコ・ザビエルの痕跡を求め、パリからザビエルの生地であるバスク地方へと訪ね歩く。
Amazonレビュー
amazon検索