雇用,利子および貨幣の一般理論 (上) (岩波文庫)

価格: (税込)
岩波書店
ページ:379頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で32090位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
経済学の歴史に「ケインズ革命」と呼ばれる一大転機を画した書.新古典派理論の特殊性と決別し,それに代わる包括的な「一般理論」を打ち立てた.資本主義の抱える大量失業と不安定な経済循環への処方箋として,雇用と有効需要,利子率と流動性とを組み合わせた独自の体系を構想.現代経済学の出発点にして,今なお必読の古典の待望の新訳.
Amazonレビュー
amazon検索