日本霊性論 (NHK出版新書)

価格: (税込)
NHK出版
ページ:183頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で182132位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
迷走する日本人のこころと向き合う
二賢人から、渾身のメッセージ

東日本大震災後、あらためて問い直された日本人の死生観や宗教性。経済効率至上主義や個人主義が加速するなかで、置き去りにされた日本人の「こころ」の問題を、現代の二賢人が論じる。思想家として教育、医療、司法、宗教の倫理的立て直しを説く内田氏(第一部)、宗教者として日本的霊性のルーツに迫りつつ現代にふさわしい共生のありかたを探る釈氏(第二部)。どちらも自らの信ずる道を振り返りながら、社会を担う一員としての読者に、まっすぐ問いを投げかける。穏やかな笑顔からは想像もつかない、切実な問題意識に胸を打たれること間違いなしの力作。自分探しの「スピリチュアル」でもなく、特定の宗教・宗派にこだわるでもなく、人間が社会をつくり生き延びていくために根源的な支えとなる「霊性」をいま、問い直す。

※電子版限定 内田樹×釈徹宗対談「日本的霊性と大拙、そして私たち」収載

[目次]
第一部 なぜ霊性を呼び覚まさなければならないか/内田樹
 第一章:先駆的な直感とセンサーの劣化について
 第二章:人間社会に迫りくるもの
 第三章:このメッセージは私宛である
第二部 「日本的」霊性と現代のスピリチュアリティ/釈徹宗
 第一章:大拙の『日本的霊性』を読む
 第二章:宗教的人格と霊性
 第三章:霊性への道
Amazonレビュー
amazon検索