悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎

価格: (税込)
講談社
ページ:189頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で201152位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
兄、都築孝蔵は六百五十石取りだが、親重代の借金があってゆとりはない。弟の弥三郎には、婿養子の口がかかったことはなく、永遠に兄や、兄が死ねば甥の世話になって生きるしかない。幕府役人は公用語に無頓着でかつ無神経だった。俗語をそのまま公用語に使用した。役所の書類に肩書が付されるとき、弥三郎ならたとえば「都築孝蔵厄介」とされた。それに、むっとした弥三郎は、自らの意志で人生を拓きはじめる。
Amazonレビュー


amazon検索