放蕩記 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:319頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で42448位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
厳しい母親を恐れながらも、幼い頃は誇りに思っていた。いつからだろう、母を愛せなくなってしまったのは――。小説家の夏帆は、母親への畏怖と反発を抱えながら生きてきた。反抗の果ての密かな放蕩、結婚と離婚。38歳になりあらためて母娘関係と向き合う夏帆に訪れた、衝撃の真実とは。愛と憎、最も近い女同士の、逃れられないつながり。母を持つすべての人に贈る、共感と感動の自伝的小説。
Amazonレビュー


amazon検索