キリストの勝利──ローマ人の物語[電子版]XIV

価格: (税込)
新潮社
ページ:459頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で22831位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
キリスト教を公認した「大帝」コンスタンティヌスの死後、その親族を襲ったのは血なまぐさい粛清であった。生き残ったコンスタンティヌスの甥ユリアヌスは、多神教の価値観に基づく寛容の精神とローマ的伝統の復活を目指した。だが、その治世は短命に終わり、キリスト教は遂にローマ帝国の国教の座を占めるに至るのだった……。西洋人とは異なる視点で激動の時代を描く必読の巻。 ※当電子版は単行本第XIV巻(新潮文庫第38、39、40巻)と同じ内容です。
Amazonレビュー
amazon検索