科学を語るとはどういうことか 科学者、哲学者にモノ申す (河出ブックス)

価格: (税込)
河出書房新社
ページ:273頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で80714位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「こんな的外れでナンセンスな議論をしているなんて、開いた口がふさがらない…」一人の物理屋の感じた哲学ヘの猛烈な憤りから、妥協なき応酬が始まった―科学ではない者が自然科学について語る「科学哲学」に関して、科学者・須藤靖が不満・疑念を率直に問いただし、哲学者・伊勢田哲治が真摯かつ精緻に応じていく。科学と哲学はどこですれ違うのか?科学哲学は何のために存在するのか?
Amazonレビュー
amazon検索