日本の大課題 子どもの貧困 ――社会的養護の現場から考える (ちくま新書)

価格: (税込)
筑摩書房
ページ:142頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で96728位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
社会が大きく変化するなかで、「家庭」で育つことができない子ども増えている。貧困、虐待、DVなどの理由により、家庭から隔てられた子どもは、健康や学力の面で不利を強いられる。その数およそ7万人。経済格差が極まりつつあるいま、世代間連鎖を断つために「社会的養護」の必要性が高まっている。「子どもの貧困」を象徴する児童養護施設の現場から、問題の実態をレポートし、その課題と展望を明快にえがく。
Amazonレビュー
amazon検索