コミックエッセイ 犬が教えてくれたこと

イラスト 中野 きゆ美
価格: (税込)
アスコム
ページ:170頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で6237位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
◎日本テレビ系「ダウンタウンDX」
柴田理恵さんが
読んで大号泣した本は
コレです!


■読んだ人の9割が泣いた!

本当にあった
犬と飼い主の心温まるストーリー。

おじいさんが死んだあと6年もの間、
おじいさんとの思い出の縁側を離れなかったゴールデンレトリバー。

自分の命を投げ出してまで、子犬を守った母犬。

ホームレスのおじさんとの間に生まれた絆を
ずっと大切にしていた名無しの犬。

怖い顔に生まれたせいで、本当は甘えたかったのに
飼い主にずっと誤解されていた柴犬。


ベテラン「犬のカウンセラー」が出会った、
犬と飼い主の8つのストーリーを描いた
コミックエッセイです。


読者モニターからは感動の声が多数寄せられました!

●読み進めていくと、犬や飼い主の気持ちが伝わり、
自然と涙がにじんできました。
心が温かく、やさしい気持ちになれる本です。
(40代 女性)

●犬って、こんなにも心が温かい動物なんですね。
犬の飼い主に対する深い愛情を知り、私も犬が飼いたくなりました。
(20代 女性)

●犬は記憶の動物と言われているんですね。
おじいさんと過ごした思い出の縁側を離れなかった犬の話は
本当に感動で、号泣しました。
(30代 女性 )

●本当の話ならではの、想いが詰まったエピソードばかりで涙涙でした。
我が家の愛犬を抱きしめながら読みました。
(30代 男性)

●犬は、子どもと同じように気持ちを寄り添うことが大切なんですね。
読みやすいですし、子どもにも読ませたい1冊です。
(40代 女性)


この本は、
人生で大切なことをきっと教えてくれるはずです。
Amazonレビュー
amazon検索