コミックエッセイ 犬のきもちがわかる34の大切なこと

イラスト 横 ヨウコ
エディターレビュー
家のドアをあけると、あなたを待ちわびていたように、
しっぽを振りながら走り寄ってくる……。

とても警戒心が強く、誰にもしっぽを振らないのに、
あなたの前ではお腹を出して寝ている……。

どんなにお腹がすいていても、他の人の差し出した
食べ物をまったく見ようともしない……。

あなたの一声で、走ってきたり、座ったり、泣き止んだり。
どんな命令もちゃんと聞く……。

そんな関係になりたいと思って飼い始めたのに、
多くの人は思ったような関係を築けません。

なぜでしょうか。
それは、きっとあなたが犬のきもちを
理解していないからです。


実は、犬はあなたにわかってもらいたくて、
表情やしぐさにたくさんのメッセージを
込めています。

でも、その大事なメッセージを
見逃しているのが、あなたなのです。


それでは、質問です。
あなたは、次のようなことをしていませんか。

①イタズラなど悪いことをしたときに、
犬の名前を呼びながら叱る

②夜泣きするのは甘えだから、
厳しく叱って小屋に入れる

実は、これらのことはやってはいけないことです。
なぜなら、①の場合、自分の名前に対して警戒心を
持つようになり、名前を呼ばれるだけで
逃げるようになってしまいます。

②は、子犬のときに多いことです。
夜泣きは不安や寂しいというメッセージなのです。
ですから、夜泣きをするときは、ぎゅっと抱きしめて、
あなたと一緒なら安心していいと教えてあげてください。


このように、犬が伝えたいメッセージを
どうあなたが読み取るか。
どうやって、犬のきもちに気づいてあげられるか。
それを漫画でわかりやすく紹介したのが、本書です。


原作者の三浦健太さんは、日本で初めてどんな犬でも
参加できるドッグイベント「ワンワンパーティ」を
企画・運営しています。

また、ドッグライフカウンセラーとして全国各地で
イベントや教室・セミナーを多数開催している
「犬のきもち」をもっとよく理解できる
カリスマ「犬のカウンセラー」なのです。

ぜひ、本書を読んで、あなたの愛犬と
よい関係を築いてください!
Amazonレビュー
amazon検索