死の家の記録 (光文社古典新訳文庫)

翻訳 望月 哲男
価格: (税込)
光文社
ページ:383頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で10619位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
“人間離れ”した囚人たちの異様さが、抑制の効いた訳文だからこそ際立つ。だがここに描かれている彼らは、まさに「人間そのもの」と言っていいだろう。本書はドストエフスキー自らの体験をもとにした“獄中記”であり、『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』など後期作品の原点でもある。
Amazonレビュー
amazon検索