見るだけでわかるピケティ超図解

価格: (税込)
フォレスト出版
ページ:217頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で113715位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
■話題沸騰のピケティ『21世紀の資本』とは?!

700ページ近くの大著にもかかわらず
アメリカで半年で50万部を突破。
日本でも日本語版が出るや、ひと月足らずで10万部を超え
勢いの留まることのない話題書といえばーーー
フランスの経済学者トマ・ピケティによる『21世紀の資本』。
いままさに話題沸騰の注目書なのです。

なぜ、これほどまでに注目を浴びているのでしょうか?

資本主義社会における「不平等」「格差社会」に対する
ピケティによる「資本主義の矛盾克服」というメッセージが
多くの人々に響いたからです。

ピケティは資本主義社会においては
「お金持ちはよりお金持ちに」
「貧乏人はずっと貧乏のまま」であり
これまでも、これからもこの格差は拡がっていく!と
警告を発しています。




■圧倒的な「わかりやすさ」を追求しました!

こうしたピケティブーム到来で
あわてて書店に行き『21世紀の資本』(みすず書房)を
手にした読者も多いようです。

しかし、聞こえてくるのは
「最初のほうだけ読んですぐに挫折した」
「長すぎて読む時間がない」
「何がどう問題なのか、余計わからなくなった」
という声でした。

そこで本書は『21世紀の資本』をコンパクトに解説!

内容の要点を絞り、簡潔に順番通りに解説しています。
膨大なピケティの研究成果を
合計80点の図解でひもといていますので
「なるほど!そういうことか!」と
完全理解することができます。




■目次

第1章 なぜ、いま「ピケティ」なのか?
第2章 ピケティが『21世紀の資本』で伝えたかったこと
第3章 さまざまなデータから読み解く「資本」の実態
第4章 格差社会は拡がっているのか?
第5章 ピケティによる処方箋と批判されるポイント
Amazonレビュー
amazon検索