21世紀の不平等

翻訳 山形 浩生 , 翻訳 森本 正史
価格: (税込)
東洋経済新報社
ページ:373頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で121727位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
全世界待望! ピケティの師の書、ついに刊行!

不平等研究の権威が、現代社会の根本を問い直す。
思想の大転換を迫る書。

格差をあきらめない15の方法がここにある。

世界16カ国で刊行・刊行予定の話題の書

【推薦の言葉】
「ウィットに富んで、エレガントで深遠なこの本を是非読んでほしい。」
トマ・ピケティ(パリ経済学校教授)

「アトキンソンは、多くの点で現代の不平等研究の父だが、すばらしい新著を発表した。」
ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

「好き嫌いにかかわらず、これは野心的な本だ。」
ティム・ハーフォード(ジャーナリスト)

「不平等研究の新しい基本書。日本の格差対策にも本書の15の提案は必読だ。」
大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授)


【主な内容】
序文:もっと平等な社会に向けた現実的なビジョン
                      ――トマ・ピケティ
はじめに
第I部 診断
第1章 議論の基礎
第2章 歴史から学ぶ
第3章 不平等の経済学

第II部 行動のための提案
第4章 技術変化と対抗力
第5章 雇用と将来の賃金
第6章 資本の共有
第7章 累進課税
第8章 万人に社会保障を

第III部 できるんだろうか?
第9章 パイの縮小?
第10章 グローバル化のせいで何もできないか?
第11章 予算は足りるだろうか?

用語集
Amazonレビュー
amazon検索