憂鬱な朝(6) (Charaコミックス)

エディターレビュー
久世(くぜ)家の跡継ぎ問題を賭けた森山(もりやま)侯の夜会──。その駆け引きの一夜が明けると、桂木(かつらぎ)の様子が一変!! 桂木の策をことごとく潰した暁人(あきひと)に、なぜか何も言わないのだ。「お前らしくないよ」そう訴えてくる暁人が、自分の手を離れてゆく喪失の予感に、桂木は密かに揺れ惑う。そんなある日桂木は、暁人の留学話を知ってしまい!?
Amazonレビュー
amazon検索