ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 下 (早川書房)

翻訳 ヘレンハルメ 美穂 , 翻訳 羽根 由
価格: (税込)
早川書房
ページ:240頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で14350位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
NSAのネットワークに侵入したのはリスベットだった。彼女はある目的のため、この犯罪組織を追っていたのだ。犯罪組織のリーダーはサノスと呼ばれていた。一方ミカエルは、セルネル社が『ミレニアム』編集部から彼を追い出そうとしていることを知るが、さらに衝撃の事件が発生する。万全の警備システムを設置し、自閉症の息子と暮らすバルデルの家が襲撃されたのだ。警察の捜査が開始され、リスベットと連絡を取ることに成功していたミカエルも独自に調査に乗り出す。だが、今度はバルデルの息子に魔の手が伸びてきた。全力で息子を護るミカエルとリスベット。やがて一連の事件の背後に、リスベットの知られざる過去が大きく関わっていることが明らかになる。そして、リスベットに犯罪組織の暗殺者たちが、さらにはNSAの追っ手が迫る。
Amazonレビュー
amazon検索